So-net無料ブログ作成
検索選択

レンズ [お人形撮影]

 昨日のカメラに続き、今日はレンズのこと。
 人形撮影にはマクロレンズを使います。
 マクロレンズと言えば、小さなモノを拡大して写すだけと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
 もちろん小さな小さなモノを写すにはマクロレンズは不可欠ですが、普通の大きさのモノを写してもいいんです。
 例えば私がPEN Fに付けているマクロレンズは15cm~∞ですから、風景写真もとれます。
 
 じゃ、なんでお人形撮影にマクロレンズを使うのか。
 マクロレンズを使って撮った画像の方が、目で見た感じに近い(ような気がする)からです。

リリー.jpg


マリー.jpg


 マクロレンズというのは、焦点が合っている部分が狭いのです。
 普通片方の目に焦点を合わせますが、そのとき焦点が合っているのは基本的にその片方の目「だけ」なのです。(この「だけ」というのが重要だと思います。最近の自動焦点機能は早くて賢いのは良いのですが、賢くなりすぎているような気もする・・・。)
 
 ところで、私がお人形を目で見るときも、全体はボーッと見て、一カ所(おおくは目)に焦点を当てています。
 だから画像を見て、焦点が合っている範囲が広いと、なんとはなしに違和感があるのです。(風景は別ですよ。あくまでもアップで人形撮影をした場合。)
 下の写真で焦点が合っているのは、マリーの左目です。

 
全身.jpg


 マリー 「そんな講釈はいいから、もっと私の写真を沢山撮って・・・」
 (あ、はいはい。)

P2150101.jpg

カメラ [お人形撮影]

カメラ.jpg


 これまでお人形撮影に使っていたのは、もっぱら右の小さいカメラ。LUMIX GM5という極小軽量カメラにLUMIXマクロレンズをつけたもの。
 GM5(とその前のGM1)は、小さく軽いことで愛用してきましたが、だんだんその小ささが(室内での人形撮影に関しては)デメリットになってきました。カメラが悪いと言うより、自分が年をとって細かな作業が苦になってきたということです。
 たとえば、私はずっと絞り優先モードで写真を撮ってきたのですが、それでちょっと露出補正をしようと思ったとき、小さなダイヤル(露出補正と絞りダイヤル兼用)を操作するのが苦になってきました。それが面倒になって、iA(お任せモード)で撮ることが多くなってしまったのです。
 このままではまずいねー、と思いつつ過ごして来ましたが、やはり楽しくないので、すこし大きくても操作しやすいカメラを使うことにしました。
 私は、このLUMIX GMシリーズの前には、同じLUMIXのGX7というカメラを使っていたので、GX7を引っ張り出してみました。でも、これも同じシリーズなので、操作感は同じ。

 それで、手に入れたのがOLYMPUS PEN F。大きさ重さはGX7とほぼ同じ。
 レンズは、LUMIXシリーズと共用できるので、ボディのみの購入です。
 操作系で決め手になったのが、独立した露出補正ダイヤルが上部に付いていること(写真左端)。
 これに手持ちのLEICAマクロレンズをつけて、撮っています。

P2140090.jpg


P2140091.jpg


P2140089.jpg


P2140088.jpg

 
 次の画像はおまけみたいなものですが・・。
 OLYMPUS PEN Fについているクリエイティブダイヤルをモノトーンにして撮影してみました。

モノ.jpg


 家の中での写真撮影は、OLYMPUS PEN Fでいいとしても、外に持ち出す気にはなりません。
 レンズを付けていない本体の重さ(バッテリ込み)が、LUMIX GM5が216gに対してOLYMPUS PEN Fが430gだし、GM5はリュックに放り込んでおけるのに、PENはやや難しい。
 外出時はやはり小型軽量が何よりです。
 山歩きの際に小さな野の花を撮ることを考えるとマクロレンズになりますが、街歩きだと単焦点レンズを付けたGM1かGM5が最適だとおもいます。

P2040307.jpg


 右上が単焦点レンズを付けたGM1、左下が接写レンズを付けたGM5です。ボディの大きさと重量はほとんど同じですが、GM5には「ファインダーもどき」が付いている分出張っています。

ローズのウィッグ [Steiner]

赤毛全身.jpg


赤毛胸から.jpg


赤毛アップ.jpg


 1昨日アップしたローズの写真を見たら、ウィッグのカールが解けてしまっていました。あんまりきちっとカールしたのは好きではないとはいえ、これはひどすぎると思って、T.T様に教わったやり方でカールをまき直すことにしました。
 カールができるまでの間、ローズはこの赤毛のウィッグを被っていたのです。
 
 で、二日経った今日、カールの状況はこうなりました。

胸から.jpg


右から.jpg


全身.jpg


 私の好みからするとちょっときつすぎるのですが、そのうちほどよい加減になるでしょう。

 ところで、ここ数日カメラが変わっているのですが、そのことについてはそのうち書きます。

ローズの服作り停滞中 [Steiner]

 ローズの服作りは・・・、全く進んでいません。というか進める意欲がなくなって。
 暖かくなると、もう春服?という気になるし、寒くなると、これまた何もしたくなくなって。次の冬までできないかも。
 と、やや諦め気味の気分で、ローズにはこの服を着せています。

全身.jpg


上半身.jpg


アップ.jpg


 先週の土曜日からだからもう7日前になりますが、風邪で寝込んでいました。
 今、猛威を振るっているインフルエンザではなさそう。
 やっと昨日から症状が治まって楽になりましたが、寝込んでいる間、枕元でローズがお守りをしてくれました。
 風邪をうつす心配がないし、気を遣わなくて良いので、気分の悪いときには"best friend"ですね。

アップ2.jpg


 やっと気分がまともになったので、買い物に行かなくっちゃとおもったけど、また雪がちらついてきました。この写真を撮ったときには陽の光がさしていたのに・・・。

リリーのイメージチェンジ [Gaultier]

 リリーのウィッグ、これまでのが似合っているけど、替えてみました。
 フローラが被っているのと同じ形の、プラチナブロンド版です。
 服は、フローラ用にリメイクしたものですが、首回りをちょっと変えました。そして、フローラと比べるとリリーはスリムなんですね。身幅を詰めました。

全身正面.jpg


腰から.jpg


胸から2.jpg


胸から.jpg


腰から2.jpg


全身斜め.jpg


 ウィッグは、どちらかと言えば元の方が似合っているけど、こちらの方がやや幼く見えるみたい。その点は、私好みです。

アリスちゃん、ご機嫌いかが? [Bru Jne (antique)]

アリスアップ3.jpg


アリスアップ2.jpg


 「アリスちゃん、ご機嫌いかが?」と彼女の写真を撮りたくなるのは、どうも自分の気分がイマイチのときのようです。今日のように、曇りがちの空とか、低気圧が近づいてきているときとか。
 そんなときには、音楽を聴きながら、アリスの写真を撮って、気分を奮い立たせて外出に備えます。
 最近聴いている音楽は、デイビッド・ギャレット(David Garrett)のバイオリンですが、こういうときに最適なのは「EXPLOSIVE」というアルバム。素晴らしいバイオリンの音色と現代的なリズムが合わさって、聴いているとわくわくと気分が上向いてきます。

アリスウェストから2.jpg


アリス全身.jpg


 さあ、帽子を被ってお出かけするか!

アリスウェストから.jpg


アリスアップ.jpg


 「行ってきまーす」

ヒマラヤの青い花 [A.Thuillier]

 フローラがうちに来て丁度2年になります。
 この子で惹かれたのは青い目。この青い目を最初に見たとき、ぱっと頭に浮かんだ言葉が「ヒマラヤの青い花」でした。具体的に何かの花をイメージしていたわけではないのですが・・・。
 それで、フローラという名前にしたのです。

アップ左から.jpg


 あとで、「ヒマラヤの青い花」って何だろうと調べたら、青いケシのことでした。

 ペーパーウェイトグラスアイって、光の加減で色が違ってみえるので、何時もこの色ではありませんが、美しいことには変わりありません。
 宝石のように美しい、深みのあるこの目にゾッコンなのです。

胸から.jpg


裾から.jpg


全身左から.jpg


 今日は、お天気が良くて暖かかったので、車で30分ほどの山に行ってきました。登山とも言えない、標高差150mを1時間20分で往復という山歩きですが、2週間前に同じルートを歩いたときよりずっと楽で、やはり毎週続けて歩くことが大事なのね、と再確認しました。

ハンナとケイコを養女に出す [その他]

 友人がうちにある絞りの生地でお人形用和服を作ってくれました。サイズ的にアリスにピッタリだったので、これもアリス用に・・・。マリーごめんね。

アリス1.jpg


アリス2.jpg


 以前から、うちのファッションドールのハンナ(ベルトンタイプ)とケイコ(ケストナー)を手放そうと思っていたのですが、養女に出す先が見つからずにいました。
 この子たちは、私の好みからすると、お姉さん過ぎた(ファッションドールなんだから当然のことですが)のです。なかなか手を掛けて遊んでやることができず、忸怩たる思いで眺めていました。
 この和服を縫ってくれた友人には、以前リプロのA.Tをあげたのですが、この子を可愛がってくれているので、ハンナかケイコをもらってくれないかと聞いてみたのです。

 ハンナを引き取って貰えることになりました。

ベルトン.jpg


 もう一体のケイコの方は、これまた以前ブリュリプロ(谷井真由美さん作)を引き取って貰った後輩の所に行くことになりました。

ケストナー.jpg


 ハンナさん、ケイコさん、可愛がってあげられなくてごめんねー。

新ウィッグはフローラに [A.Thuillier]

 ゴーチェ姉妹用に手に入れたウィッグが届きました。でも彼女たちに付けてみたら似合わないというほどではないけれども、これまでの方が良さそうなので、結局フローラへ。同じ形で淡いブロンドとプラチナブロンドの2個あるのですが、この服のフローラには淡いブロンドの方が似合っています。

ウィッグ2種.jpg


ショートアップ.jpg


ショート全身.jpg


 私はこういうショートっぽいヘアスタイルが好きなのですが、このウィッグ、最初の画像のようにもっと長いのです。

全身2.jpg


ウィッグ横.jpg


ウィッグ後ろ.jpg


 アンティークドールの王道ヘアスタイルはこちらでしょうか?
 (王道といえばやはり帽子が要りますね。この服と対の帽子、出来上がるのは相当後になりそうですが、作って頂けることになりました。)

 ところで、フローラの右手(向かって左)に写っているのは、これ。

フローラとウラン灯.jpg


 ウランガラスの照明スタンドです。

 同じくフローラの左手(向かって右)に写っているのは、リキュールグラスのスタンド。

フローラとリキュール掛け.jpg


 リキュールグラスを取り払うとこんな感じ。

ホルダー.jpg


 グラスを置くとこんな風に。

ホルダーグラスあり.jpg


 ちょっと観覧車っぽくありません?
 で、珠子ちゃん出現。

フローラと珠子.jpg


フローラと珠子アップ2.jpg


フローラと珠子アップ.jpg


珠子アップ.jpg


 ミニョネットたち、これで遊べそう。

 1昨日まではとても寒かったのですが、昨日から暖かくなってきました。室内は窓から入ってくる太陽で暖房なしでもホカホカでした。(北国の方には申し訳ないような感じ・・・。)

loulouⅡ号と [その他]

マリー 「あ、loulouⅡ号さん。」

3人.jpg


マリーと.jpg


 マリー  「おおきいわねー。フフ、オンブしてもらおうっと。」

リリーと.jpg


 リリー  「なんて綺麗な犬さん・・・。」(ウットリ・・・)

 おや、「私も入れて−」と日ごろはおすまし屋のフローラも寄ってきましたよ。

フローラと2.jpg


 loulouⅡ号 「そ、そんなお目々で間近に迫られると・・・。」

 ハンサムドッグのloulouⅡ号君、モテモテです。