So-net無料ブログ作成
検索選択

Keikoちゃん [German]

 マーヤの名前を変えました。友人に似ていることに気付き、その名前を拝借。ケイコちゃんです。これだったら、そうとう私の物忘れがひどくなっても忘れないはず。

P1040615.jpg


 それにしても、この子本当にかわいい。

マーヤのペイト自作 [German]

 マーヤのペイトは玉子の殻みたいに薄くてツルツルでウィッグが滑り落ちてしまいます。(みたことないけど)七面鳥の殻はこんな感じ?
 ペイトの自作をしました。でも、いつもはコルク板(板なので厚さが足りない分は貼り合わせて)で作るのですが、今回は「激落」スポンジで作ってみました。普通のスポンジより張りがあってよさそうだったのです。

P1040604.jpg


P1040605.jpg


P1040603.jpg


 コルク板で作る時は、きちっと入れるために向きを決めて何回か削らなくてはならなかったのが、こちらだと押さえて入るので楽ちんです。
 しかも、最初は、スポンジペイトを布で包まないといけないかと思っていたのですが、どうやらこの雑なカット面を残したままの方が、ウィッグが引っかかって滑り落ちません。

P1040602.jpg


P1040601.jpg


P1040598.jpg


 マーヤに惹かれた理由が分かりました。この子、私の大学時代の同級生に似ているのです。勿論若いころで、そのころも童顔でしたが・・・。眉、鼻、口元、色が白くてぷっくりしたほっぺ、生真面目な表情など。ショートヘアにしたらもっとソックリになるでしょう。近々会うので、写真をみせよう。

マーヤのウィッグ交換 [German]

P1040588.jpg


P1040589.jpg


P1040595.jpg


P1040597.jpg


 ハンナが被っているクルクルブロンドも付けてみたんですが、こちらの茶髪の方が似合っているような気がします。

赤い野バラのような [German]

 今朝見たら、赤い野バラが咲いていました。(同じ鉢に白いナニワイバラも植わっていて、もう少し後に開花します。)

篝火.jpg


 この花を見て、あ、そうだマーヤに赤い服を着せたら似合うかもと思い付きました。「でも、作るのはややおっくう」と思いつつ、人形用クローゼットを見たら、ハンナ用に作った赤いワンピースがみつかりました。着せて見たら、同じサイズなのでピッタリです。

P1040523.jpg


P1040524.jpg


P1040525.jpg


P1040526.jpg


P1040527.jpg


 ハンナの目はアイスブルーのグラスアイなのですが、マーヤの方はペーパーウェイトグラスアイです

 この子のウィッグは、似合っていると思いますが、アンティークらしく痛んでいるので、別のを買ってやらなくてはなりません。スタンドもですね。でも、いつも購入しているネットショップが昨日は休業でした。今日はどうかしら?

 そうそう、このマーヤという名前。随分前に園芸店で、白蝶草を買いました。お店では「マーヤ」と名札が付けられていて、この花の本名を調べるのに数年かかったのです。今朝咲いていた赤いバラも、「篝火(かがりび)」と名札が付けられていたのですが、これも「マーヤ」と同じ類かな?





またまたケストナー [German]

 もうケストナーは買わないだろうと思っていたのに、この意志的なお顔に陥落してしまいました。
 初期のケストナー、キッドボディ、19インチです。ベルトンガールのハンナとほぼ同じ身長です。
 ジャーマンのキャラクタードールとも、ハンナのようにフランス向けにフレンチぽく作られたお人形とも違いますね。生真面目で意志的な表情は、これがドイツの女の子なのでしょうか?
 例のごとく、丸顔は私の好みです。こういうアイスブルーのお目々は初めてですが、とてもきれいだと思います。不思議な雰囲気のあるお人形です。

P1040517.jpg


P1040518.jpg


P1040513.jpg


P1040514.jpg


P1040515.jpg


P1040516.jpg


P1040512.jpg


 ボディは、まだBEBE体型にはなっておらず、ファッションドールからの移行期ではないでしょうか?
 最後の画像で分かるように、お座りできます。でも、多分あんまりお座りはさせず、スタンドで立たせておいた方が良いのだろうと思います。
 この子の服を作る余裕はないのですが、何もせず、ずーっと顔を見ていたい子です。

 あー名前、何にしましょう!

 (夜です)
 名前を決めました。良い名前かどうかは分かりませんが、私が覚えられるかどうかが一番大事なのです。それで、マーヤ(Maja)。この名前だったら覚えておけるはず。

ヒルダとミニョネット [German]

全員.jpg


 こんにちは
 さん子とよん子のお家代わりのケースが届きました。

ケース.jpg


さんこよんこ.jpg


 でも、不満そう。

 「だって、フローラさんの服を作ったら、私達の服を作ってくれるんじゃなかったの?」
 「お家なんかでごまかされないわ。プンプン」

 そうなんだけど・・・ごめんねー。つい、勢いでまたフローラの服を作ってしまったんです。でも、レースを付ける段階で、適当なレースがない(見つからない)ことがわかりました。最初からレースも揃えて縫い始めれば良かったのですが、「なーんかあるでしょう」と思って始めるのが、行き当たりばったりの私の習性です。

 でも、こんどこそ、この2人の簡単ドレスを作ります、と宣言したから、多分作るでしょう。

 この間、ネットショップを見ていたら、ヒルダって、ケストナーのなかにこの名前のモールドがあるみたいですね。ヒルダという名前は紛らわしいかも、と思ったのですが、やっと覚えたので、名前は変えません。

 先日、息子の一家と食事をしていて気づきました。そこの長男(1歳)が食欲旺盛な子で、ほっぺも丸々。食べるとき、本当に美味しそう、嬉しそうにニコニコしながら食べるんです。
 それを見ていて、「この子、ヒルダにそっくりだわ」と思った私。
 この顔です。

ヒルダアップ.jpg


ヒルダとにこ.jpg


 私のアップも撮ってよー。

二子.jpg


 ここ数日ネットショップで気になっている子がいます。赤ちゃん(幼児)で、かわいいし、孫にも抵抗がないのでは、と思うのです。(なんとか、孫の世代でビスクドール愛好家を育てたい一心ですね。)
 「Kammer & Reinhardt 121 Simon & Halbig」の子で2体います。1体は、ブルーアイ、もう一体はブラウンアイです。ブルーアイの子は、幼児体だけど普通のボディ、ブラウンアイの子は、お座りしているボディです。実は、このアイとボディが入れ替わっていたら良いんです。つまり、普通のボディに茶目のヘッドが付いていたらいいのに、ということなんですが。
 昨年までの私だったら、即座に「2体とも買っちゃえ」になるのですが、そこはすこし学習した私、慎重になっています。

ヒルダのイメチェン [German]

 ケストナー143のヒルダ。衝動的に迎えたものの、(私としては冒険の)オープンマウス歯あり(スリープアイは眠らないようにして無視したものの)のこの子に対する戸惑いは尾を引き、さてどうしたらいい?と眺めていた日々。
 数日前、救いの神の様に目に入ったのは、梅ママさまの「屋根裏部屋のおもちゃ箱」のこの記事。

 http://antiquebisques.blog69.fc2.com/blog-entry-881.html

 早速コメント欄で、SOS。

 アドバイスいただきました。
「143は、顔の情報量が多いので、(中略)ウィッグを明るい色のショートに変え、情報量を減らしています 。打率7割ぐらいで良い感じになります。」

 なるほどなるほど、早速ブロンドのショートヘアのウィッグを注文。それが昨晩届いたのですが、あらら入らないわ。測って注文したんじゃなかったっけ?まあ、そういえばフローラのウィッグを取り変えてブロンドが余っていたわね、ということでこうなりました。
 今日は日中20度前後になりそうな暖かさなので、服も軽快なコットンドレスにしました。

P1040068.jpg


P1040069.jpg


P1040070.jpg


 なんか良さそうじゃありません? やっぱりロングヘアは、私の好みからすると幼さが足りないんですね。
 でもちょっとリボン位欲しいかな?

P1040065.jpg


P1040066.jpg


P1040067.jpg


P1040071.jpg


P1040072.jpg


 今この記事を書きながら人形棚を見たら、マリーの横でヒルダがニコニコしながらこちらを見ています。フレンチとは違った可愛らしさがありますね。

P1040073.jpg


P1040075.jpg


 イヤー、せっかちな私。早々に「この子私に合わないわ」と手放さなくて良かった。
 梅ママさま、ありがとうございます。
 
 ヒルダ 「梅ママさま、ありがとうございます。ふふふ、マリーちゃん、どう?」

ケストナー、ケストナー、ケストナー [German]

3体.jpg


3体2.jpg


 新年の決意は、お人形の数は増やさず、ワードローブを充実させるだったはずなのに、早々に、こんなことに・・・。しかも、ドイツっ子ちゃんでスリープアイでオープンマウス(歯付き)という、私にとっては3大冒険です。(ハンナはドイツ生まれですが、フランス向けに作られたベルトン人形なので、見かけはフレンチ。)

大アップ2.jpg


アップ.jpg


 スリープアイは、実物を見てもやっぱり苦手なので、頭に紙を詰めてスリープしないようにしています。歯が見えているお人形も苦手ですが、この子の歯は、2本だけで控えめに見えているので、抵抗が少ないです。

全身.jpg


 ケストナーの143、身長は34cm位です。ケストナーについては勉強不足で、この143というナンバーの位置づけはまだ分かりません。

ゴーチェと共に.jpg


 商品説明では、「pale bisque」と書かれていましたが、ゴーチェ姉妹と比べると肌色は濃いです。頭でっかちでもあるみたい。洗練されたフレンチ・ドール、愛嬌のあるドイツっ子ちゃんというところでしょうか。

大アップ.jpg


 さてこちらは、身長12cm(二子より大きい)のケストナーのミニョネット。チャームポイントは、なんといっても双子だということです。ブルーの服を着ている方はブルーアイ、ピンクの服を着ている方はブラウンアイです。

ミニョ2体.jpg


ミニョ青.jpg


ミニョ赤.jpg


にこと一緒.jpg


 こうやってみると、二子のウィッグのセンスの良さが光ります。二子はもともとどんな服をきていたんでしょう? 多分とてもセンスのいい服をきていたんじゃないかと思います。
 ケストナーミニョネットのウィッグもどうかしたい。でも貼り付けてあるから取り替えるのは無理。ならば何か被せるものです。
 
 このケストナー3体、実は10日ほど前に届いたのですが、ばたばたしていたことと、名前が決まらずアップできませんでした。まだ名前は決まっていないんだけど、積雪で(といってもわずか1〜2cmなのですが、慣れない雪のうえ我が家は坂の上なので)動けず、この作業をしています。
 この子たちの名前、困ったなー、すでに私の記憶容量いっぱいいっぱいです。

 そうそう、二子の下着やっと着せました。ちらと見えていない?見えていませんねー。腰のレースは、実は珠子用の帽子として作ったものですが、これはあまりに小さすぎたので、二子の服につけました。
 ケストナーミニョネットのドレス、私がつくった二子の服並に雑な作り方です。これなら生地さえあれば私にも出来ると思います。でも、作るなら、もちょっとちゃんとした服にしたい。二子の服もですけど。


ベルトン人形到着 [German]

 今日、5月9日に注文した、ベルトンタイプの人形が届きました。
 写真との違いを心配していたのですが、あまり差がなくて、ほっとしました。
 アリスは幼い少女の顔ですが、この子はもっと年上の若い少女で、いわゆるBEBEタイプではなくて、ファッションドールの様です。大人しくて優しい表情の子です。
 実は、5月9日にこのブログに書いたのですが、実物を見ていないので、うちに居続けてくれることになるのかどうか分からず、「下書き」にしてアップしていませんでした。これを書くと同時に、アップします。

 Gebruder Kuhnlenz社のもので、GKと刻印されています。
 ヘッドとショルダーは一体となっており、上肢の肘と手首の間くらいまでもビスクです。腕と腰から膝下まではキッドで掩われています胴体の大部分と膝から下は、布製です。詰め物は、柔らかい感じです。
 100年は、到底保てそうにない感じですが、これまでに、どこかで体はつけかえられたのかもしれません。
 実は、Gebruder Kuhnlenzでネット検索をしていたら、この子と同じ18インチで胸から下のボディだけがeBayで売りに出ていたのです。ドレスは破れていて、ボディはキッドボディではなくコンポジションボディです。予備としてこれを手に入れておいた方がいいかしらと思ったのですが、良く良く見てみると、肩と胸の形が違っているようだから、合わない可能性があります。ま、壊れてからでも何となるでしょう。
 
 下着は、サイズはちょうどこの子に合っていますが、意味不明なところにボタンが付いています。
 上に来ているドレスは、大きすぎるので、ウェストをピンで留めて、リボンで締めてあります。

 身長は45cmなので、アリスと一緒にスーツケース暮らしをしてもらうのにちょうどよい大きさです。

ベルトンとアリス.jpg


 まず、服つくりですね。超簡単服でいいから、ぴっちりした服を作ってやらなくちゃ。
 その前に名前をつけないといけないけど。ドイツッコちゃんの名前は何がいいかしら。
 靴も履いていないので、これも買ってやらなくては。

ベルトン胸から.jpg


 ウィッグを替えたくなるのは、私の習性。

ベルトンウィッグ替え.jpg