So-net無料ブログ作成
Bru Jne (antique) ブログトップ
前の10件 | -

4年前の出会い [Bru Jne (antique)]

帽子全身左.jpg


 人形作家ベベタビト様がアリスにプレゼントして下さったドレスです。モデルは、BRU PUPPENの裏表紙の子が着ている青いドレス。
 この写真では、青いリボンなので、素敵な帽子は手に持って・・・。

帽子てに全身.jpg


裾から正面.jpg


上半身正面.jpg


アップ右.jpg


右からアップ.jpg


正面アップ.jpg


アップ左.jpg


帽子アップ左2.jpg


帽子アップ左.jpg


 ところで、毎日オークションのカタログが届いたので、同オークションでアリスと出会ったときのことを思い出しました。

毎日オークション.jpg


 もう4年以上前の2013年11月のことでした。
 それまで、私は3つの専門店にブリュ探しをお願いしていました。
 あるお店からは、何回か、ほんとに素晴らしいブリュを送って頂いたのですが、その子が佳品だとは分かっても、「この子でなくては」とは思えませんでした。
 そうこうしているときに、毎日オークションのカタログを見て、そのうちの一体が目にとまったのです。
 オークション当日は仕事のために会場に行けないので、その前に下見会の会場に出かけました。
 アンティークドールたちのいるテーブルで、まず目的の子をみたのですが、やはり写真のイメージと違うことがわかり、がっかりしました。
 しかたなく、「他の子もみてみるか」と何の期待もなくテーブルの反対側に回ったとき、アリスが目に入ったのです。
 このとき、私はアリスに恋をしたのでしょうね。「何としても、この子を落とす」と決心。
 前述したようにオークション当日は会場に居られないので、電話入札の手続きをとりました。
 あれから4年、私の気持ちが変わることはありません。
 最後まで私の側にいて欲しい子です。

 ところで、自分が若くなく、しかも子ども達の中に人形が好きという者がいないときは、自分の最後にお人形の行く末をどうするかということに思い悩みなす。
 私はどんな子も可愛いという博愛主義者ではないので、自分で可愛がることができる数にしようと、できるだけお人形を減らしました。
 それでも、これ以上は減らすのは難しいというところで、残りの子の行く末については、信頼出来るとおもわれる人形店経営者さんにご相談して、後のお手伝いを了解して頂きました。
 そして、私の遺言で、私が亡くなったら人形に付いては「○○様にご相談し、処理をお願いすること」との一項を入れました。
 将来のことですから思いも掛けないことが起きる可能性はあります。でも、とりあえず可能な限りの手立てをとったわけです。

 そういう状況ですから、もちろん次の毎日オークション(2月24日)に入札する予定は全くありませんが、カタログが送られてきたのでありがたく拝見しました。
 うちの子たちのドレスの参考にならないかと、お人形のドレスもしっかり見るのですけど、残念ながら私好みの服は見当たりませんでした。マリーちゃんごめんね。

明けましておめでとうございます。(だいぶ遅いけど・・・) [Bru Jne (antique)]

 何気なくpinterestを見ていたら、アリスの写真に出会いました。それで、最近アリスの写真を撮っていないことに気づきました。
 新しいドレスとか帽子とかウィッグとかを買っていないこともあるのですが・・・。
 この子は物持ちなので、そういうのも「もういいか」って気持ちになっているのです。
 
 で、アリスの写真です。
 このボネには顎で結ぶリボンがついていますが、顎のラインをだすために、リボンを後ろにやってみました。
 この子のナイトLouLouⅡ号も一緒に。

P2070624.jpg


P2070626.jpg


P2070625.jpg


P2070627.jpg


P2070628.jpg


P2070629.jpg


P2070630.jpg


P2070631.jpg


P2070634.jpg


P2070632.jpg


P2070633.jpg


P2070596.jpg


 賢そうなLouLouⅡ。

アリスもホワイトドレスに着替えて [Bru Jne (antique)]

 さわやかな5月の光と風にさそわれて、アリスもホワイトドレスに着替えてローズと撮影と思いました。
 ところが、明るい光の中でみると、ローズのドレスの裾レースの色が気になって、またレースの箱をひっくり返して合う色を探して付け替えるはめに・・・。ついでに見つかったレースを首回りにつけて。

全身.jpg


腰から.jpg


腰から2.jpg


胸から.jpg


ローズ胸から.jpg


 こういう小さなレースも役に立つのですね。
(でも、せっかくのタックが隠れたのはやや残念だから、あとで取り外すかも・・・です。)

ローズアップ.jpg


 さて、やっとアリスとローズのツーショットを。

2人全身2.jpg


2人裾から.jpg


2人腰から.jpg


2人胸から.jpg


2人胸から2.jpg


ローズ上向き.jpg


 ローズ 「あらー、アリスちゃん、どうしたの?」

アリス腰から.jpg


2人全身見合って.jpg


 ほんとにアリス、なんだか浮かない表情。

 このアリスのドレス、コットンにしては、ゴージャスな感じなんですが。
 でもローズのオフホワイトのドレス(これもコットン)と並ぶと、ローズのの方が華やかな感じに見えるみたい。
 ということで、アリスには、急遽、もう1着のホワイトドレス(こちらはシルク)に着替えて貰いました。
 今度はどうかな?

&裾から.jpg


&裾から2.jpg


&裾から3.jpg


&腰から.jpg


&腰から2.jpg


 これでよさそう。
 アリスは、やさしい子だけれど、そこはやっぱり女の子なんだなー。
 着る物は大事。

 とここまできて、首回りにあとで付けたレースの色がちょっと違うことに気づきました。
 どうしてもっと早く気づかないのかなー。
 しかたない。外して洗って白っぽくしました。
 これで良いかな?
 ほんと?
 でも全部の写真を撮り直す気力はないので、1枚だけ。

P5150609.jpg

気分がイマイチ [Bru Jne (antique)]

胸から.jpg


アップ正面.jpg


アップ左から.jpg


 先週の風邪は一応治ったのですが、どうも体調(or気分)がイマイチです。
 アリスも心配してくれています。
 私の気分は、こんな感じかな?

モノクロ胸から.jpg


モノクロアップ.jpg


モノクロ半顔.jpg

アリスちゃん、ご機嫌いかが? [Bru Jne (antique)]

アリスアップ3.jpg


アリスアップ2.jpg


 「アリスちゃん、ご機嫌いかが?」と彼女の写真を撮りたくなるのは、どうも自分の気分がイマイチのときのようです。今日のように、曇りがちの空とか、低気圧が近づいてきているときとか。
 そんなときには、音楽を聴きながら、アリスの写真を撮って、気分を奮い立たせて外出に備えます。
 最近聴いている音楽は、デイビッド・ギャレット(David Garrett)のバイオリンですが、こういうときに最適なのは「EXPLOSIVE」というアルバム。素晴らしいバイオリンの音色と現代的なリズムが合わさって、聴いているとわくわくと気分が上向いてきます。

アリスウェストから2.jpg


アリス全身.jpg


 さあ、帽子を被ってお出かけするか!

アリスウェストから.jpg


アリスアップ.jpg


 「行ってきまーす」

アリスのブロンドウィッグ [Bru Jne (antique)]

 ローズの際だった美しさに見る度にわくわくさせられる私ですが、アリスとの絆は別格です。ブリュというお人形が持つ「特別さ」とも違うと思います。アリスには、幼い子でも持つことの出来る精神性(相手を気遣う優しさ)というものを感じさせられ、心を慰められるのです。

 アリスは結構たくさんウィッグを持っていますが、良さそうなウィッグを見るとつい欲しくなります。「どれも似合っていい」ということならば、結局意味がないような気もしますが。

P2040752.jpg


左から.jpg


アリス後ろ髪.jpg


アリス左.jpg


アリス左2.jpg


アリス左ボネ付き.jpg


 どちらかというと長い髪よりショートでクルクルした髪が好きなのですが、定番のブリュ服には、こういうブロンドでロングヘアのウィッグも良いようです。パーッと気分転換したくなるまで、しばらくはこれで・・・。

アリスの衣替え3着目 [Bru Jne (antique)]

 台風が去った後、急に涼しくなって、やはり白いドレスより色味のあるドレスを着せたくなりました。
 衣裳持ちのアリスの衣替え3回目です。これは、アリスのオリジナル服を模して、アンティークドールサロンで作ってもらったドレスとボネです。

全身2.jpg


 実は、着せて見たら何となくフロント部分が緩いような感じがしました。「アリスちゃーん、あなた半年ばかりの間にスリムになったみたいね。夏やせ?」それで、ジャケットの襟に見える部分を中央に寄せたのです。

腰から.jpg


アップ左から.jpg


 ボネをとったら・・・。

腰からボネなし.jpg


胸からボネなし.jpg


アップボネなし.jpg


後ろ髪.jpg

アリスに新しいウィッグとペンダント [Bru Jne (antique)]

 アリスのためにrubyで購入したウィッグとペンダントが届きました。
 ペンダントの方は、例の「BRU PUPPEN」のブルー服の子が身につけているようなpendant watchです。以前この手のを購入したのですが、大きくて長くてどうも腰に付けるもののようなので、もういちど・・。
 ウィッグの方は、ash blondのモヘアの現代物です。「Amalie」と言うブランド品ですが、アンティークを模倣して作られているようです。アリスは、すでにash blondのモヘアウィッグを持っているのですが、似合っていなかったので、これまたもう一度。

全身.jpg


腰から.jpg


右から.jpg


 こちらは結構いい感じ。

 明日は、熊本市に行って、この服を作って下さったBEBE TABITOさまと新作のドール達に会ってきます。

 泊まりなので、明後日、熊本城を見て帰るかどうか迷っています。地震で壊れているのをみたら涙が止まらなくなりそうで・・・。地震で地域全体が住めない状況で、建物も半壊状態の実家も取り壊し予定です。そういう姿は見たくない。現実逃避なのかもしれませんが。

アリスの衣替え [Bru Jne (antique)]

 台風16号の影響か、風が強く、雨も降ってきて涼しくなりました。やっと衣替えをしようかという気分になりました。さて、衣裳持ちのアリスにはどれが良いかな?涼しくなったとはいえ、まだちょっと暑くもなりそうなので、シルク服のなかでは涼しげなこの服に。

全身.jpg

 
 そう、「BRU PUPPEN」72頁の可愛いブリュさんが着ているブルー服をモデルにBEBE TABITOさんがアリスの為に作ってプレゼントしてくださったドレスです。

左腰から.jpg


左胸から.jpg


右からアップ.jpg


右胸から.jpg


 このドレスのときは、このウィッグがモデルに近いです。

 ちなみに、「BRU PUPPEN」の子はこれ。

ブリュプッペン服正面.jpg


 靴もモデルに合わせてブーツにしました。このブーツ、アンティークはよかったのですが、いつまで履けるかしら、という状態なので、おそるおそるです。

 このあと、他の子たちもぼちぼち衣替えをしなくてはなりません。ローズやゴーチェ姉妹は服があるから良いのです。フローラのドレスは、アンティークドールサロンにお願いしている分があるので、それが出来るのを待たなくてはなりません。
 問題は、ヒルダとケイコです。ヒルダは、男の子化をもくろんでいるので、ズボンとベストとシャツですね。型紙はできているのに、なかなかとりかかれません。ケイコは簡単なシルクドレスをと思っているのですが、これも、先延ばしばかり。もうすこし気候が良くなったら、その気になるかしら。どうもこのところ、何もする気になれないlalaです。

夏ばて? [Bru Jne (antique)]

 連日35〜36度の高温続き。基本的には28度に設定している部屋にいるといっても、動かないと悪いかなと思って、自宅でヨガやエアロビをしたり近くの山を歩いたりして、一日に数回は汗をかくようにしています。でも、なんとなく疲れが溜まっているようです。

P1050226.jpg


P1050224.jpg


 アリスが心配してくれます。

P1050221.jpg


P1050219.jpg


 暑い日々には、あんまり外を見たくないです。でも今朝、久しぶりに見たら、気温は高くても、日差しには秋の気配があることに気がつきました。そういえば蝉の鳴き声もヒグラシに変わっていましたね。
 早く、早く、涼しくなってくれないかな、と時のすぎるのを待つ日々ですが、こうやって無為に過ごしていていいのだろうか、という思いもあります。一方では、また疲れ果てるのは嫌だなという気持ちが動きにブレーキをかけているのですが・・・。でも、うじうじと考えていても仕方ない、とりあえず、この異常な高温の時期を乗り越えなくちゃ、ですね。

前の10件 | - Bru Jne (antique) ブログトップ