So-net無料ブログ作成

ローズの絵 [その他]

 最近、お人形ドレスのアイデアがわかないこともあり、他のことにかまけています。
 人形がらみといえば、絵でしょうか?
 これまで、ブリュとスタイナーを陶板にしたことはありましたが、絵はなし。
 それで、お人形の絵を描くことにしました。
 (ま、遊べれば、何でもいいんです。)
 
 これまでの絵は、フェルトペンで線描きをして、水彩で色を付けるというやりかたでした。(油絵は溶剤が喘息の元になるので。)
 フェルトペンで一気に描くので、消したり出来ず、潔いといえば潔く、それが精神衛生上は良かったのですが、今は残念ながらその集中力がなくなりました。

 それで、デジタルアートでやってみよう、と思ったのです。
 デジタルだったら、やり直しは何度でもできるし、細かな作業は拡大して出来るし、途中経過もコピーしておけば残せるし・・・。
 準備も後片付けも要らないし。

 でも、お絵かきアプリを使えるようになるのが一苦労でした。
 まだその途中の習作ですが、ローズの絵を描きました。
 人形作家さんのブログで制作過程を読ませていただいていると、「私、こんな細心の注意を払わなければならない作業は出来ないわ」としみじみ思います。
 でも、今度デジタルでローズの顔を描いていたら、「あ、こんな感じかも」と思うことがありました。とくに、眉とか目、まつげを描くときですね。

ローズ4.jpg


 実際のローズより大人びた感じになってしまいました。
 実物は、顔がもっと丸顔かしら?
 実物はもっとお目々が大きいかしら?
 唇の描き方が違った?
 まだ理由がよく分かりません。
 でも、デジタルアートのいいところは、このあと気が向いたら、いつでもどこでもタブレットとペンさえあれば、このうえに手を加えていけるということもあります。しかも、元に戻ってやり直せる。 

ペネロペのドレス(レース交換) [Bru Jne (repro)]

 3月20日にアップしたペネロペのドレスですが、ピッタリのレースが見つからないまま時は過ぎ・・・。
 その後、いくつか入手したレースの中に襟元に良さそうなものが見つかり、それに合うスカート部分のレースも見つけました。
 でもそれらのレース、綿なので一つ一つのモチーフはしっかりしているものの、モチーフを繋ぐ部分が切れているところが多々ありました。
 それで、ボチボチとそこの繕いをつづけましたが、こういう作業はなかなか進みません。
 やっとこれで良いかな?というところで服に取り付けてみました。

全身正面.jpg


 うーん、どうも袖のつけ根辺りがさびしい・・・ということで、
 カラーになっているレースを留める位置を変えてみました。

昨日.jpg


 まださびしい。
 あれこれレースを取り出して・・・。
 なかなか合う色目のレースが見つかりません。
 ちょっと染めてみたりしましたが、「ほどよく」染めるってこともなかなか難しい。
 一応満足できる仕上がりになったのがこちら。

全身正面.jpg


全身斜め.jpg


腰から正面.jpg


胸から正面.jpg


アップ斜め.jpg


 レースって、相当てんこ盛りにしても大丈夫みたいですね。
 てんこ盛りの方がいいのかしら?