So-net無料ブログ作成

ローズとアリスの和装 [その他]

 昨年はアリスに和服を着せました。(下は昨年の画像)

1,正面全身.jpg


 和服は、アンティークドールにも結構似合うことが分かったので、今年はローズにも着せてみました。

全身.jpg


 どうでしょう?
 実は4,5日前にこの和服を着せたのですが、写真をとると、どうもローズの表情が硬いので、このブログへのアップを見合わせていたのです。

胸から上.jpg


 やっと、ローズも和服に慣れたのか、いくらか表情が和んできました。

膝から上.jpg


 振り袖自体は、(アリスの分もですが)アンティークドールサロンで買ったものの、肌着や他の小物を買ったり作ったりして揃えるのが結構大変でした。

腰から上.jpg

 
 シュブロボディのアリスはウェストがキュッとしまっているので補正が必要でしたが、ローズはその必要なし。黒髪のウィッグも要らないかな?

 ということで、今年のアリスの和装は黒髪ナシです。やや手抜きで体型補正もなし。

全身2.jpg


全身左から.jpg


 さすがに2年目になると、最初から緊張なし・・・。
 ソレハ手抜キデ着付ヲシテイルアナタデショウ?

胸から正面.jpg


胸から左.jpg


 アリスとローズに和服を着せてみて分かりましたが、子ども体型(つまりコンポジションボディ)の小さいアンティークドールに和服を着せるのはちょっと無理かもしれません。和服はお腹がでっぱるし、柄は大きくなりすぎだし・・・。ということで、他の皆さん、和服は期待しないでね。

 「エ、エーッ!」 聞こえてきたのは、マリーの抗議の声かな?

ローズのブルー服また手直し [Steiner]

 先日アップしたばかりですが、ローズのブルー服の斜めがけレースの位置をちょっと下げました。

全身.jpg


 このドレスは、ローズの瞳の色と同じ色ということもあり、とても気に入っています。

上半身.jpg


P2040744.jpg


 気に入っているとはいえ、この服だけだとこれからの季節は少し寒そう。しばらく、上にこれを着てもらいましょう。

コート姿.jpg


コート顔アップ.jpg


 「ウフ、暖かーい。さて、今、母が私の冬服を作り始めたらしいです。何時出来上がるかという問題もありますが、そもそもどんな風に出来上がるかがとっても心配。アリスちゃんやフローラちゃんみたいに、プロの方にお願いしてくれれば良いのにね。」
 ローズの心配はごもっとも。フローラの服の次にはローズの服をドールサロンにお願いしようと思っていたけど、閉店になってしまったしねー。先へ先へと考えて、一度にお願いしてしまっておけば良かったと思いますが、最近は目の前のモノ・コト、一つずつしか対処できなくなっています。

アリスのブロンドウィッグ [Bru Jne (antique)]

 ローズの際だった美しさに見る度にわくわくさせられる私ですが、アリスとの絆は別格です。ブリュというお人形が持つ「特別さ」とも違うと思います。アリスには、幼い子でも持つことの出来る精神性(相手を気遣う優しさ)というものを感じさせられ、心を慰められるのです。

 アリスは結構たくさんウィッグを持っていますが、良さそうなウィッグを見るとつい欲しくなります。「どれも似合っていい」ということならば、結局意味がないような気もしますが。

P2040752.jpg


左から.jpg


アリス後ろ髪.jpg


アリス左.jpg


アリス左2.jpg


アリス左ボネ付き.jpg


 どちらかというと長い髪よりショートでクルクルした髪が好きなのですが、定番のブリュ服には、こういうブロンドでロングヘアのウィッグも良いようです。パーッと気分転換したくなるまで、しばらくはこれで・・・。

ローズのブルー服手直し [Steiner]

ローズ全身正面.jpg


ローズ全身左から.jpg


 11月30日にアップしたローズのブルー服、少し手直ししました。右肩から左脇に流していたレースを最近入手したレースに代えてみました。
 前のより少し繊細になり、長さはピッタリでした。
 「はい、ローズちゃん、左手を挙げて脇を見せて」

ローズ全身はーい.jpg


ローズ左脇.jpg


 ほらね。
 これで、いいと思います。というか良いことにします。(写真でみると、左下をもうちょっと下げた方がよいかなと思ったのですが、とりあえず今はこれで。)

ローズお座り.jpg


ローズ腰から.jpg


ローズ腰から2.jpg


 ローズには他にも手に入れた素材がいくつかあるので、これからリメイク作業が待っています。でもローズは、気むずかしいフローラと違って、サイズ的に作りやすいし何でも似合うので、こういう作業が苦になりません。

A.Tドレス [A.Thuillier]

 今日2回目のアップです。

 ご存じの通り、ふりふりひらひらが苦手なlalaだし、写真集のA.Tをみても、どうもピンとこない・・。いったいどんな服が似合うのだろう?というのが、フローラが私のうちに来てから、ずーっと疑問でした。A.Tはそれぞれがとても個性的というか違うので似合う服も色々なのかもしれませんが、ブリュのブリュ服みたいな定番の服がありません。
 やっと「フローラに似合う服を探さなくっちゃ」状態から抜け出せたので、今度の服を我が家の「A.Tドレス」と呼ぶことにします。

 で、当のフローラの方は満足しているかって?
 さあ、どうご覧になりますか。

右下から.jpg


全身正面.jpg


裾から正面.jpg


右上から.jpg


裾から正面.jpg


裾から右.jpg


上半身右から.jpg


上半身正面.jpg


上半身右上から.jpg


 私には、満足している様に見えます。
 それにしても、帽子をどうにかしなくては・・・。

フローラのドレス完成 [A.Thuillier]

 アンティークドールサロンにお願いしていたフローラのドレスが完成してきました。
 「こんなデザインでお願いします」と言ってお渡ししたのはこれ。(彩鳳堂企画の「French Antique Bisque Doll 」73頁でA.Tが着ている服)

P1040061.jpg


 フローラのドレスについては、買ったりリメイクしたりしても、なかなか気に入った服がありませんでした。アリスのオリジナルドレスを模したピンクドレスの出来に感嘆した私は、今年の3月頃からこういう服だったら似合いそうと思い、ドールサロンにお願いしていたのです。
 で、出来上がったのをみてびっくり。

全身帽子あり.jpg


全身後ろ.jpg


 実はここまで、モデルにそっくりの服が出来るとは予想していなかったのです。同じ素材はないのだからそっくりに出来るはずはないと思い、「こんな感じの服」という位の軽い気持ちで画像をお渡ししていたのですが・・・。
 いやー、プロの方は私みたいな大雑把な人間とは違うということを理解しておくべきだったようです。
 この写真に忠実に、いやそれ以上に仕上げられたドレスを見て、しかも通常の3倍くらいのお手間を取らせたと伺い、恐縮、恐縮・・・。
 そんなに古いものではないと思うピケの生地はアンティークらしい色に染められています。
 このピケ地に付けられていたブレードを取り外して、洗って、きちんと延ばして、また取り付けて・・・。ご存じの通りピケ地って、綿の畝織りで厚みがあります。しかも小さなドレスです。さぞや縫いにくかったことでしょうに。

ジャンパースカート.jpg


ジャンパー胸元.jpg


ブレード胸.jpg


ブレード腰.jpg


ブレード裾.jpg


袖口.jpg


 ブラウスも、細かな細かなタックも手縫いで・・・。

ブラウス.jpg


ブラウス胸.jpg


 何もかも、気が遠くなりそうな細かなお仕事・・・。見ているとため息が出ます。
 でも大満足です。やっとフローラにピッタリのドレスというか、A.Tの貫禄に負けないドレスを着せることが出来ました。
 これをフローラの基本服にしようと思います。

 あと、帽子ですが、今付けているのは家にあったボネです。モデル画像で付けているボネは、どうもドレスとセットのようには見えなかったので、とりあえずドレスだけをお願いしていました。それで、今回のドレスを作ってくださった方が、このドレスに合う帽子を作って下さるのであれば、お願いすることにしました。でも、残りの生地があまりないし、大分お手間を掛けたので、コリゴリと思われるかもしれません。断られないといいのだけど・・・。

クリスマスプレゼント [Gaultier]

P2040649.jpg


 このシュタイフたちは、孫のクリスマスプレゼント用です。一番左のクマの赤い服は、神戸のタイムロマンさんで買ってきたもの。
 12月3,4日、神戸で会議があったので、帰りに寄ってきました。なかなか私好みのお人形には出会えませんが、さすがにドールミュージアムには素晴らしいドールがいました。
 じつは、先日リメイクしたローズのブルー服は、タイムロマンさんのオンラインショップで買ったものでした。神戸に行く日にお店がちゃんと開いているかどうかを確認するために、サイトを見たとき目に付いた服です。こちらのお店は買った服を着せた写真を募集されていますが、わたしのようにリメイクしてしまうと、載せて頂くのは気が引けますね。

 服と言えば、フローラのためにドレス制作をお願いしていたアンティークドールサロン、担当していただいていた土屋さんがお亡くなりになったということで、どうなるかなーと思いつつ、しばらくはそれどころではないかも、と思って連絡を控えていました。
 昨日電話したところ、風邪声の高井さんがお出になりましたが、お店の方は年明けには閉店になるみたい。12月23日から3日間「閉店?セール」。HPでのお知らせもまだなのは、パソコンがこわれているからだとか・・・。
 まだお若い土屋さんのご訃報には驚き心が痛みましたが、高井さんには堪えられない打撃だったのだろうと推察しました。
 あ、フローラの服は出来上がっているそうです。