So-net無料ブログ作成
検索選択

ローズのブルー服をリメイク [Steiner]

 リメイクといえばいつも「引き算」のlalaですが、今回だけは「足し算」です。
 ローズの柔らかな感じに合わせたつもり。

斜めレースなし全身正面.jpg


斜めレースなし右前全身.jpg


 ついでにもちょっとプラス。

P2040645.jpg


 あり合わせのリボンは、色が違う。
 とりあえず、これで。

斜めレースあり全身.jpg


 斜め掛けのレースを結んでいるところは、色目のあうリボンを探しつつ、もう少しどうするか考えます。(どなたかのお助けメールを期待するlala。)

腰から.jpg


 
お座り.jpg


お座り2.jpg


お座り胸から.jpg


 ローズさん、どう?

アップ.jpg


 「まあまあね。」ダ、ソウデス。ハア、ドウモ・・・。

フローラのウィッグ [A.Thuillier]

 フローラの新しいウィッグです。
 じつは、これはjumeauさん用に入手したのですが、彼女が居なくなったので、フローラ用にしました。

P2040607.jpg


 うーん、これはちょっと毛量が多すぎない?
 まあ、好き好きでしょうけど、私はあんまり毛量がたっぷりで長いのは好きじゃないから。

P2040621.jpg


 これを取り外して・・・。

P2040617.jpg


P2040618.jpg


P2040620.jpg


 どうかな?

ウィッグ後ろ.jpg

ローズのブルー服 [Steiner]

 ローズにもブルーか紺のワンピースが似合うと思い、探しています。それで見つけたのがこの服。
 でも、これはシルク服だけど、その風合いや袖が短い所は夏向きです。とはいえ、このまま来シーズンまでなおしこんでいたら、その存在を忘れてしまいそうなので、ここにアップしておくことにします。
 ちょっと脇道にそれますが、「なおしこんでいたら」って意味分かりますか?「なおす」ってうちのあたりでは「片付ける」「収納する」という意味で使っているのですが、東日本では通用しないらしいですね。
 とにかく、片付けて姿が見えなくなると、あることを忘れがちな私です。

P2040601.jpg


P2040602.jpg


P2040603.jpg


P2040604.jpg


P2040598.jpg


P2040599.jpg


P2040600.jpg


P2040597.jpg


 思ったとおり、ローズにブルー服は似合います。

 ブルーか紺で、冬向きのよい生地が見つかれば、ワンピースを作りたいです。

リリーのコートドレス [Gaultier]

 何でも着こなせるリリーは、つい他の子に合わない服を着せられがちです。いつも悪いなーと思っていたので、今回は、最初からリリー用に手に入れました。
 これは、サイズ的にはやや大きかったのですが、刺繍がとてもゴージャスだったので、コートドレスとしてリメイクしました。実際にはこんな大きな柄はコートには使わないでしょうが、そこはほら、実際には外出しないお人形ですから。

P2040584.jpg


P2040585.jpg


 リリーはほんとに何でも着こなしてしまうので、この服がとくに似合っているのかどうか分からない、というのも困りものです。

ああ、ジュモー。 [その他]

 前回のloulouⅡ号の記事をアップした日に、夫の肝癌の再々発がわかり落ち込んだ反動で、ついjumeau dollを購入してしまいました。(今みると、loulouとアリスの写真、随分暗いですね。)
 以前、45cm青目のDEPOSE EJと60cm茶目のDEPOSE JUMEAUを手放したのですが、DEPOSE EJは元気が良すぎる感じ、DEPOSE JUMEAUの方は大きすぎるというのが主な理由でした。
 その当時は意識していなかったのですが、後から考えたら、私は丸い幼顔が好きなので、そこからも外れるという理由もあったと思います。とにかくこの「手放す罪悪感の重み」に懲りて、jumeauを手に入れることには慎重になっていました。

 でも、やっぱりネット上でチェックはしていたのですよね。そして、そもそもjumeau doll に丸顔を求めるのは、無い物ねだりだということも分かってきたんですけど・・・。
 その間、いくつか気になったjumeauは、いずれもportraitでした。それで、もしjumeauのなかに「私の好みにあう子」がいるとしたら、ごく初期のbebe jumeauじゃないかと思うようになってきました。

 で、よさそうなportraitをrubyで見つけたのです。
 私にとって難物のjumeauを、実物も見ないで決断するのはおおいに問題だったのですが、多分精神的に不安定になっていたのでしょう。
 portraitにはブルーのスパイラルアイが多いようですが、この子はめずらしく茶色のスパイラルアイで優しい感じでした。

 届いた子をみたら、このportraitは、あとのEJに繋がるいかにもジュモーらしいお人形で、客観的にみたら良いお人形でした。
 でも、やっぱり何となく私の気持ちにピッタリフィットしない。ジュモーさんが悪いのでも、この子が悪いのでもありません。
 私には、ジュモーはbebeといってもティーンズのような印象を受ける子が多く、(大人びた印象のジュモーのなかにハッとするほど美しい子もみかけますが)、それらが私のツボ(幼くて可愛らしい)から外れるのは残念なことです。
 4日ほど家で眺めて、「馴染んだらうまくいかないかなー」と様子を見ていましたが、どうも居心地悪そうです。この子も、私も。
 それで、残念ながらお返しすることにしました。
 私、もう二度と、jumeauに手を出しちゃいけませんね。

 ということで、今日は、フローラのリメイク服をアップします。先日届いた紺のベルベット服で正面にもレースが付いていた服です(11月6日の記事)が、レースを替え、正面のレースは外し、襟ぐりも直しました。今回も「装飾は控えめな方向」に、という私のリメイクです。

P2040576.jpg


P2040579.jpg


 相変わらず美貌のフローラ、というかこの子の目力にいつもノックアウトされているlalaです。
 ああ、あのportraitにも、どこか「ここがたまらなく好き!」というところがあったら、良かったんだけど。

loulouⅡ号 [その他]

alice&loulou.jpg


 ローズにはクマのベンがいるのだから、アリスにも・・・と思っていたら、この超美形な犬さんが来てくれました。名前は「loulou Ⅱ号」です。何で「Ⅱ号」かというと、それは、青い船のmiyukiさまのところに1号さんがいらっしゃるから。もちろん他にもいるでしょうけど。
 ほんとにハンサムドッグですが、それだけではなくて・・・、なんというか愛嬌「も」あるんですよね。
 ほら。

loulou2.jpg


 1920年代の生まれですって。でも綺麗なカールした毛はそろそろ90歳になろうかという歳には見えません。水色だったらしいリボンはほぼ白になっていますが。

 もちろん、「孤高の犬」っぽい態度でも格好良いです。

alice&loulou2.jpg


あ、やっぱりこれではアリスがかわいそうか?

小さな小さな美少女 [Mignonette]

 11月3〜5日の旅行から帰ったら風邪で寝込んでしまいました。やっと症状が治まってきましたが、まだ外出する気にはなれません。
 こういうときはお人形遊びです。
 梅ママさまのブログ(屋根裏部屋のおもちゃ箱)の「小さな宝石」に触発されて、ミニョネット。
 我が家のミニョネットで一番の美少女はやはり珠子だと思います。10cm位で一番小さくもあるのですが。
 この小ささ、直径17mm位の面に繊細な造作、手を抜かない絵付けはなかなかなものです。勿論私にも不可能。そういえば、陶板でビスクドールの絵を描いたとき、まつげを描く難しさを実感しましたよ。
 でも、ミニョネットの顔の画像では、なかなか鮮明なアップはみませんね。接写レンズでの撮影が必要になるし、HPやブログではサイズが限られていることもあるだろうし・・・とか考えているうちに、上記梅ママさまの記事のミニョネットの写真はアップで鮮明な顔写真が載っていることに気付き、このブログの画像ももう少し大きくした方が良いことに気付きました。(気づくのが遅いですね。)

珠子全身.jpg


珠子アップ右から.jpg


珠子アップ.jpg


 うーん、本当は、記事部分をもっと幅広にしたいのですが、so-netブログの仕様では手作業になるみたい。今、試行錯誤でやる気力はないので、とりあえずこれで。

フローラの服ーセカイモンから [A.Thuillier]

 セカイモンで10月19日に落札したフローラのドレスが届いていました。サイズはピッタリ。写真では紺と言うより青でしたが、実物は紺色でした。生地は身頃はベルベット、スカート部分はシルクです。

全身.jpg


腰から.jpg


ウェストから.jpg


アップ.jpg


全身左から.jpg


 予想していたより良い色ですが、レースがちょっと・・・、取り替えたい感じです。

フローラのリメイクドレス [A.Thuillier]

 フローラのドレスを買うなり作るなりしなければと思って物色中ですが、今回はリメイク服です。先日rubyのお店で買った紺色と水色のシルク服。
 サイズ的にはフローラより5cm大きいローズにピッタリなのですが、この色はフローラに似合うはずと思い、小さくするつもりで手に入れました。
 この写真が、リメイク前の服です。ローズにピッタリというかきっちりというか。

ローズ.jpg


 このままローズの服にしてしまおうかという考えも浮かんだのですが、いやいやローズには似合う服があるのにフローラにはなかなか無いんだから、と思ってハサミをいれました。
 いちおうアンティーク服という説明とおり生地はもろくなっていました。本当は、全部解体してサイズをきっちり合わせて縫い合わせるべきなのですが、生地がバラバラになりそうで、最小限の補正にとどめました。
 襟を外し、袖を短くして袖付けの位置を変え、ジャケットも短くしてヒダスカートを付け直しました。他も細々と・・・。


全身.jpg


裾から.jpg


腰から.jpg


ウエストから.jpg


 何で私がドレスのリメイクに走るかというと、適当な生地がないとか、一から作るより楽とかありますが、おそらく最大の理由は、できあがりのイメージが相当程度分かるということだろうと思います。何着かドール服を作りましたが、苦労して出来上がっても似合わないときの徒労感といったら・・・。とくにフローラは服に関しては気むずかしいです。なかなか似合う服(&私の好みに合う服)がありません。

 そういう意味では、今回のこの服、まあ合格です。
 ね、フローラさん?

アップ3.jpg


アップ2.jpg


 ん、フローラさん、何? 
 もう1着、アメリカからあなたの服が届くはずなんだけど、そちらはあまり期待できないから、しばらくこれで我慢して。