So-net無料ブログ作成
検索選択

佐吉さんの本に触発されて [お人形撮影]

 ヤフオクでたまたま片岡佐吉さんの写真集「幻想人形館 トゥーランドット姫とアンティークビスクドールたち」を見て手に入れました。

佐吉本.jpg


 とっても素敵な写真集です。
 こんなに味のある写真は、なかなかデジタルカメラでは撮れないような気がして、つい「古いカメラを引っ張り出して、フイルム買ってきて撮ってみようかな。」という考えが頭に浮かびました。
 勿論すぐに理性が働いて、「銀塩(フイルム)カメラで撮ったら、誰にでもこういう写真が撮れるわけではないし、自分はフイルムの管理が下手だった」ということに思い至りましたが。
 写真集に出ているお人形達もよい子が多いです。

 味わい深い写真は撮れないけれど、この子にたいする愛情は誰にもまけないはず。この気持ち、写り込んでいるかな?

 
コスモスとアリス.jpg
 

 昨日、15ヶ月ぶりに夫と近郊の山歩きをしました。1時間半かけて標高差200mを登り降りしただけで限界という体たらく・・・。やっと気候が良くなってきたので、すこし外歩きをしなくては。

(追記)
 今日もまた同じ位の時間と高低差で山歩き。昨日とは別の山ですが。家にいるときはどうもなかったのに、坂を歩き始めた時から足の疲れを自覚。急登になったら、10m毎に休憩でした。

女子会? [その他]

ゴーチェ姉妹.jpg


 ゴーチェ姉妹の衣替えをしたら・・・。

リリーと二子.jpg


マリーと珠子.jpg


 二子と珠子がリリーとマリーにすり寄ってきて・・・。
 二子 「ねえ、リリーお姉ちゃん、どうして私たちと遊んでくれないの?」
 珠子 「マリーちゃん、どうしてー?」

 そう、ミニョネットは当初「ドールのドール」として迎えたのです。ところが、どの子も「人形あそび」にはいまいちノリが悪くて。それなのにミニョたちは増殖してしまい・・・。どうする?
 ここはやはり、キャビネットサイズの子たちに「人形あそび」に慣れてもらうしかないですね。とりあえず一番包容力がありそうなリリーとマリーの出番です。

 二子 「ねえ、他のみんなも呼んでいい?」
 マリー 「仕方ないわねー、リリーちゃん」

女子会.jpg


 リリー 「そうだ、あなたたち沢山いるのだから、この本の子たちのように整列してみたら?」
と、リリーが見せたのはスタイナー本のこの写真。

スタイナー本.jpg


 二子 「うん分かった。さあみんな立って」

ミニョのみ.jpg


 残念ながら、一列縦隊はできませんでした。

(2日後記載です)
 ミニョネットの一列縦隊ができなかったのは、一子、二子、三子、四子の首が回らなかったのとポーズを撮らせるのが難しかったから。でも再度チャレンジして、なんとかここまでは出来ました。

整列.jpg

ミニョネット全員集合 [Mignonette]

 「ミニョネット全員集合」というと、20体にもなります。小さいからと手を出していたら増殖してしまいました。「もうストップをかけないと・・・」と思いつつ、相変わらず「Mignonette」で検索をしている私は意志薄弱モノです。

全員.jpg


 我が家に最初に来た一子です。フレンチです。

1ko.jpg


 個性派の二子です。さてこの子はどこからきたんだったっけ。

2ko.jpg


 3番目に来たけど「珠子」です。この子もフレンチ。

tamako.jpg


 4番目に来た三子と四子です。青目と茶目のケストナーです。

3ko,4ko.jpg


 オランダの民族衣装を着た六子は、6番目に来ました。フレンチです。

6ko.jpg


 大人っぽい美人さんの七子はS&Hです。

7ko.jpg


 同じくS&Hの八子です。

8ko.jpg


 縛り付けていないと、やんちゃで行方不明になりそうなHertwigsの男の子12体です。

12.jpg


 ミニョネットたちのドレスは薄い生地で作った方がよさそうなので、いっそリボンで作ったらどうかしらと思ったのですが、材料のリボンをまず手に入れるところで足踏みしています。

ローズの衣替え2回目 [Steiner]

 そういえば、A.TとおなじくSteinerもローズが来るまで私の念頭にない人形でした。ジュモー社とともにフランス人形界を牽引していたスタイナー社ですから、多種類の多くのドールがいるにも関わらずです。ローズの第1印象は、「なんてスタイナーらしからぬ」ということでした。良く見ればSeries Cの特徴をちゃんと備えているんですけどね。ローズが来て、私の丸顔好きは決定的になりました。
 思いがけないところから好きな子が現れたりするので、「このメーカーの人形は苦手」とか決めつけない方がいいかもしれません。

 ところで、ローズのシルク服としてはやはり目の色に合ったブルーが入っているこちらのドレスが似合っているようです。それと、この服とウィッグの組み合わせは多分始めてじゃないかな。

全身.jpg


裾から.jpg


腰から.jpg


胸から.jpg


アップ右から.jpg


アップ左から.jpg


 ローズの顔の中で私が一番気に入っているのは、どこだと思われますか?とても綺麗でしかも冷たい印象がない青い目も好きですが、実は、ふっくらと軟らかそうな唇なのです。そっと触ってみたくなります。

A.Tについて思うこと [A.Thuillier]

 先日アップしたバーガンディドレスのフローラです。昼光の中で撮りました。

フローラ裾から右.jpg


フローラ腰から左.jpg


フローラアップ左.jpg


フローラアップ右.jpg


 実は、突然フローラがうちに来るまでほとんどA.Tに関心がありませんでした。それで、その後A.Tの実物や画像を見ても、(下の画像のような、よくリプロで見る顔は別として)「A.Tって顔に特徴がなくって見分けにくいなー」と思っていたのです。
 (これは以前うちにいたリプロです。)

A.Tリプロ.jpeg


 でも、最近やっとA.Tを見分けることが出来るようになりました。まだその特徴を言葉で表現することは難しいのですが、なんとなくA.T精神みたいなものを感じる・・・。
 どのA.Tも、ビスクの質の良さ、丁寧な絵付け、押さえた華やかな表情に気品があります。
 A.Tの絵付け職人の技術がとても高かったのか検品水準が高かったのか分かりませんが、「手を抜いた」あるいは「失敗作」と思われるヘッドを私は見たことがありません。ブリュ社最盛期のブリュ・ジュンですら「これはちょっとね」と思うヘッドがあるので、この水準の高さには驚かされます。A.Tドールの数が少ないのは、単に制作期間が短かっただけではなく、質の維持に努めたからなのでしょうね。
 フローラを見るとき、私がこの小さい人形に敬意に似た気持ちを抱くのは、他のA.Tドールたちを含めてそれを生み出した人々の志の高さ感じるからのようです。そう思うと、私のつたない自作服ではなく、ちゃんとした服を着せなくてはと思うのですが、なかなかこの子にふさわしい服が手に入りません。

フローラの衣替え [A.Thuillier]

 フローラの注文服は、大分先にならないと出来ない様子です。やはりフローラに似合うシルク服がいるわねと思って手に入れた服がこれ。バーガンディのシルク服と帽子です。服についてはなかなか気むずかしいフローラですが、この服はどうかな。

全身.jpg


上半身.jpg


上半身右から.jpg


上半身左から.jpg


 フローラさん、このドレス、いかが?

正面アップ.jpg


 フローラ 「まあまあ・・・かな?」

アリスの衣替え3着目 [Bru Jne (antique)]

 台風が去った後、急に涼しくなって、やはり白いドレスより色味のあるドレスを着せたくなりました。
 衣裳持ちのアリスの衣替え3回目です。これは、アリスのオリジナル服を模して、アンティークドールサロンで作ってもらったドレスとボネです。

全身2.jpg


 実は、着せて見たら何となくフロント部分が緩いような感じがしました。「アリスちゃーん、あなた半年ばかりの間にスリムになったみたいね。夏やせ?」それで、ジャケットの襟に見える部分を中央に寄せたのです。

腰から.jpg


アップ左から.jpg


 ボネをとったら・・・。

腰からボネなし.jpg


胸からボネなし.jpg


アップボネなし.jpg


後ろ髪.jpg

アッシュブロンドのウィッグーサイズ間違い [wig]

 先日アップしたアリスの新しいアッシュブロンドのウィッグですが、アップしたあと、「あれ、ちょっと大きすぎる?」と思って良く見たら、サイズが「12−13」となっていました。アリスのジャストサイズは「10−11」(私が購入したのも「10−11」)なので、rubyの販売店に「間違いじゃない?」と連絡したのですが、返事なし。数日後に諦めてpaypalを通じて交渉しました。本当は間違った品を送り返して正しい品を送ってもらうことになるのでしょうが、送り返すのも面倒なので、「交換でなくていい、正しいサイズの品の代金も払うから送って」と言ったら、送料なしで送ってきました。

ウィッグのみ.jpg


 左が最初に送ってきた分です。右と比べると大分大きい。

帽子なし全身.jpg


帽子なし腰から.jpg


 服は、白のシルク服です。(夏の間は、白のコットン服を着ていました。)涼しくなってきたので、ピンクの服にしようかと迷ったのですが、アッシュブロンドには白の方が合うかと思い、こちらにしました。

帽子つき全身横から.jpg


帽子つき胸から.jpg


帽子つき胸から2.jpg


帽子つき胸から3.jpg


 この白いドレスもアリスによく似合っていてお気に入りですので、このドレスにあうウィッグが出来て満足です。