So-net無料ブログ作成

ヒナゲシとアリス [Bru Jne (antique)]

 今日はとても良い天気です。
 我が家の雑草ガーデンに、今年もナガミヒナゲシが沢山咲きました。

P1040393.jpg


P1040394.jpg


 スッピンなので、ゆっくり撮影はできません。

 こちらは、私が作ったヒナゲシの陶板です。

ヒナゲシ.jpg

山シャクヤクとアリス [Bru Jne (antique)]

 熊本地震が始まってもうすぐ2週間。兄(2人とその妻)たちには怪我はなかったものの避難生活の長期化で健康面の心配があります。実家の建物は住める状態ではないので、地震が収まったあと生活をどうするのかも気がかりですが、今の私には電話で話す以外どうすることもできません。こういうときには気持ちが落ち着かないので、陶芸も含め、何も生産的なことができません。
 今日は、当地は雨です。熊本も雨です。雨の音がうらめしい・・・。

 雨のベランダで、山シャクヤクが咲いています。
 月曜日(2日前)、天気がよかったので開花しました。下はそのときの写真。
 4年前からこの季節に1輪だけ、3〜4日開花しています。とても薄ーいはなびらなので、清楚で儚げな風情です。(これ以上大きくならないように、毎年花が終わると剪定しています。)

山シャクヤク開花.jpg


 今日は開花から3日目なので、強い雨に打たれると散ってしまいそうと思い室内に入れました。こういう雨のときは、花びらは閉じています。

山シャクヤク閉花.jpg


 そして、この花が大好きなアリスも一緒に撮影。

P1040388.jpg


P1040387.jpg


P1040383.jpg


P1040382.jpg


P1040386.jpg


 アリス、やっぱりうかない表情です。

 「アリスちゃん、良い知らせもあったよ。」
 熊本市にお住まいでペネロペの生みの親、BEBE TABITOさまのブログで、ドナミュアのエマが無事だったことが分かったのです。
 でも、人もお人形たちも怖かったことでしょう。これで、収まってくれることを祈らずにはおれません。
 
(先ほど写真を撮ってから2時間後)
 山シャクヤクをみたら、花びらが開いていました。やっぱり雨から花粉を守っていたんだね。

P1040390.jpg


ローズのお召し替え(2) [Steiner]

 1昨日から熊本を中心に大地震が起きています。私の自宅はそれほど揺れてはいない(震度4,5)のですが、被災地に兄夫婦が住んでいて、避難所生活をしています。収束するどころか、より激しくなる地震と被害の拡大をみて、「うちに避難してこない?」と声をかけました。でも、「今、逃げ出すわけにはいかない」との答え。兄は、高齢化している田舎では「若手」なのです。これが「地域の絆」なのかもしれません。この地域は、4年前の7月、大雨のための土砂崩れで大きな被害を受けました。やっと復旧工事が終わったとほっとしたところにこの地震です。自然の脅威のまえで人間がいかに無力か・・・。

 あ、申し遅れましたが、お人形達は全員無事です。
マリー 「そんなこと言ってるけど、ガタガタ揺れて怖かったわよねー、リリーちゃん?」
リリー 「ええ、私たち、しっかり踏ん張ったから倒れなかったわ。」

 この地震の直前に注文していたドレスが今日届きました。フローラの服にはちょっと大きすぎるけど、小さくすれば良いかと思って購入したのですが、届いた服は、ローズにぴったり。この2日、あまり眠れていない私には、リメイクも面倒なので、このままローズの服にします。

P1040366.jpg


 こんな羽根付きボネはわたし好みではないのですが・・・。とりあえず、このままに。

P1040368.jpg

ローズのお召し替え [Steiner]

 ローズのお召し替えといっても、お顔のアップが大半ですが。かわいいローズです。

おすわり.jpg


P1040338.jpg


P1040335.jpg


P1040344.jpg


P1040337.jpg


P1040340.jpg

P1040341.jpg


P1040339.jpg


P1040343.jpg


腰まで.jpg


足まで.jpg


全身.jpg


 私の好きな丸い幼顔、でも賢そう。繊細な絵付け。形の良い眉、素晴らしい瞳は大きく、しっかり白目もあります。鼻と口はとても上品。Series Cの特徴はしっかりあるもののとても個性的だと思います。完璧に私好みの顔です。(例えば1枚目の画像を拡大して顔の部分を見て下さい。うっとりしてしまいますー私は。)


天使たちも [Bru Jne (repro)]

 アンジェとカーラに要求されたわけではありませんが、天使とはいえ、いや天使だからこそ、花の香りが好きかも・・・と思ってしまいました。

P1040320.jpg


P1040321.jpg
 
P1040322.jpg


P1040323.jpg


P1040324.jpg

花のようなフローラ・その2 [A.Thuillier]

 誰かさん 「私のことを、『花のようなフローラ』っていうのなら、どうしてそのお花と一緒に撮ってくれないのかしら?」

P1040263.jpg


P1040264.jpg


P1040265.jpg


P1040266.jpg


P1040267.jpg


P1040269.jpg


 今日は最高気温が25度近い暑さ。日が落ちた今も、窓を開けていると花の香りが室内まで・・・。
 人形棚の戸も、スーツケースの蓋も開けて、お人形達にもう一度花の香りを楽しんでもらっています。

(4月10日追記)

 私の陶芸の先生が、「ムベの花をジャムにして食してみたいから、花びら(実はガク)を集めて持ってきて」とおっしゃいました。それで、「食べられるものかしら」とネットで調べようとして、ついでにムベの画像を見ていたら、このブログのドール達とムベの花が出てきました。なるほど、ムベってよっぽど珍しいんですね。

花より綺麗なのは [Steiner]

 「花よりきれい」というなら、やはりこの子かな。
 花と見比べてみましょう。まず最初の1枚は、花に焦点が合っています。

P1040223.jpg


P1040224.jpg


P1040222.jpg


P1040225.jpg


P1040221.jpg


 他の子たちから、「私も、私も」という声が聞こえていますが・・・。

 ローズを撮ったのは、お昼前でしたが、同日の夕方です。まだすこし光が残っているので、いつも控えめなこの2人の写真を撮りました。
 夕方で光量がが少なく、やや寂しい色合いになっています。

P1040227.jpg


P1040231.jpg


P1040230.jpg


 最近写真を撮っていない子といえば、あと残るは天使2人ですが、この子達たちも自足して何も要求しないので、いいでしょう。

 翌日のお昼です。お昼と言っても、未明からの台風並みの強風と雨がやっとあがったばかりの曇り空です。昨日のペネロペの顔色があまりにも悪かったので、昼間の光のなかで撮り直し、入れ替えます。

P1040240.jpg


P1040241.jpg


 

ゴーチェ姉妹も・・・。 [Gaultier]

マリー 「リリーちゃん、聞いた? アリスちゃんったら、お外の、とても良い香りのするきれいな花のところに連れて行ってもらったって。私たちも行ってみたいわよね。」
リリー 「そうね。最近、私たち、ちょっとほったらかしかも・・・。」

P1040210.jpg


P1040211.jpg


マリー 「わーすっごく良い香り。ねえ、私達が生まれた国にいたときは、こういう良い香りが女の人達はしていたけれど、ここのお母様は香りがしないわね−。」
リリー 「それは香水っていうのよ。うちのお母様は香水は使わないみたい。でも嫌な臭いもしないからいいんじゃない。」

マリー 「それはそうと、私達とこのお花とどちらがきれいかしら? 私達よね−。」

P1040214.jpg


リリー 「まあ、マリーちゃんったら。そんなこと、思っても言うものじゃないわよ。(でも、どうかしら、やっぱり私たちがきれいだと思いません、皆様。フフフ)」

P1040212.jpg


P1040219.jpg


 はいはい、この母も、あなたたちゴーチェの魅力・実力を再認識しているところですよ。

ムベの花とアリス [Bru Jne (antique)]

 我が家にはとても花付きの良いムベがあり、今年もいよいよその花の時期になりました。地植えですが、私の生活エリアである2階のベランダまで誘引しています。花が咲き始めると、まるで藤の花のような香りがして、メジロなどが香りに惹かれ蜜を吸いにやってきます。
 ムベの花の時期には、いつもアリスと一緒に撮っています。
 今年も撮りました。

P1040208.jpg


P1040204.jpg


P1040202.jpg


P1040201.jpg


P1040203.jpg


 むせるような花の香りも記録できるといいのですけどね。